電子コミックの無料立ち読みはこちら!

電子コミックの無料立ち読みはこちら!

37.5℃の涙の電子漫画の無料立ち読みはここ!


コミなび

電子まんが『37.5℃の涙』は、あまり知られていない病児保育士というお仕事のお話。
病気の幼い子どもの面倒を見る新米病児保育士・杉崎桃子が主人公です。

タイトルにもなっている「37.5℃」というのは、一般の保育園で預かってもらえるかどうかの境界線。
小さな子どもは病気や感染症にかかりやすいため、高い熱を出すとほかの子どもにも感染させてしまいかねません。
そのボーダーラインが、37.5℃というわけなんです。

そして、37.5℃以上の熱が出ている子どものお世話をするのが、病児保育士。
最近では、共働き家庭や母子家庭・父子家庭も増えてきていますからね。
お仕事で忙しいのに、子どもの面倒なんてとてもじゃないけど無理。
そんな時に、病児保育士の力を借りることになるわけです。

新米の病児保育士・杉崎桃子は、笑顔を作るのが苦手な性格。
笑顔作りの練習をしているところへ、森海翔くん5歳の面倒を見ることになります。
海翔くんの母親はシングルマザーで、朝から37度5分の熱が出ているために、保育園では預かってもらえず。
病児保育を頼むことにしました。
母親がまだ恋しい時期ですから、母親がいなくなった途端に泣き出す始末。
そんな状況でも、たった一人で対処しなければなりません。
時には母親と衝突することもあるけれど、臨機応変に対応する姿はすばらしいです。

これから先、依頼する機会が増えてくるであろう病児保育士。
『37.5℃』では、その病児保育士の奮闘ぶりがすがすがしく感じられます。

37.5℃の涙
無料立ち読みはこちらから♪

↓  ↓  ↓


コミなび

 

タグ :            

電子コミック 女性コミック